日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新聞より
2010年11月27日 (土) 14:58 | 編集
【ユーロ圏】
-ジャン・ルミエール前欧州復興銀行開発銀行総裁-
・アイルランドの債務繰り延べが市場でとりざされていることについて、「返済条件を緩めずに対応できると」。
・アイルランドの債務不履行や返済条件の緩和が市場ではとりざされているが、「現状ではありえない。」
・ポルトガル、スペインに危機が広がった場合、EUが5月に創設した緊急融資制度の負担がかさむ、枯渇するリスクについては、「現状の7500億ユーロ資金で十分対応できる」との見方
・欧州の景気は11年かけて、緩やかに上昇する。

-スペイン国債利回り上昇-
・欧州財政危機への不安心理が高まっている。26日にスペインの国債10年物の利回りが5%強。ポルトガル国債10年物が7%強。欧州通貨導入依頼の最高水準。

-ポルトガル財政-
ポルトガル議会は26日、2011年度予算案を承認した。人件費の圧縮などで歳出を迎える一方、増税で歳入を増やし早期の財政再建を目指す。(付加価値税2%引き上げ、年金制度改革、公務員の給与削減他。)

-米景気堅調、緩和観測が後退-
金利差は拡大基調。当面は円安も。米の長期金利の上昇につられて、日本の長期金利も上昇。ただ、日米の金利差は拡大しており、当面はドルが買われやすく、円が売られやすい。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。