日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
介入まとめ-(ユーロ円)
2010年09月20日 (月) 00:03 | 編集
為替介入のまとめです。介入のおかげで、たくさん資金をぶっ飛ばしました。アイルランドの悲観的な記事を読んだ後だったため、ユーロはまだまだ下げると読んだ矢先の出来事です。ドル円での介入だったと思うけど、ユーロ円も大きく上昇しました。何なんだ。今後のために日経新聞の記事を基に記録をまとめます。
値は、ユーロ円です。

106.79~112.98円 6.19円の変動幅

9/15 
10:26:円が1ドル82.82円上昇。15年ぶりの円高。
10:30:財務省が円売り介入を実施指示。
10:35:日銀が円売り介入を実施。
10:55:野田財務相が会見で円売り介入を認める。
11:00:日銀の白川総裁が談話発表。仙谷官房長官「82円が防衛ライン」
11:23:野田財務相が単独介入を認め、断続的な介入を示唆。

以後継続介入あり。。。。。


107.76~111.58円

9/17
2兆円規模の介入が行われたとの記事
介入の原資の政府短期証券の発行額は予算総則で定められており、今年度の限度額は35兆円。
111.6~112.98


9/19
輸出企業の反応は好感。今回の介入は、企業の中間期末決算のためとの記事。
スペイン、ギリシャ、ポルトガルの国債利回り高止まり。以前、財政不安解消せず。


来週以降。今後は、FOMCがあります。米が元相場にちょっかいを出してます。
どうなることやら。。。

記事にもあった通り、介入の原資はまだまだあるようです。どこまで使う気。輸出企業の想定レートとなる90円近くまで押し上げるつもりなのか。どうか。。。単独介入でそれはないか。。。。やりすぎると、中国みたいに批判されるしね。。。。下がったらやるんだろうね。上がったら、輸出企業が円転するだろうね。。。。そうすると、今週は落ち着くのかなあ。



しばらくは、頭を冷やします。資金大分とんじゃったし。。。


ただ、ユーロ円は最終的には、今の水準より下げると思っています。南欧の財政不安は、もう一波乱あると思っています。大きいのが。。。。。先週の日曜日にアイルランド財政赤字が拡大って記事がありました。今日は、ポルトガルの財政赤字の記事がありました。赤字ではないものの、スペイン、ギリシャの国債利回りの高止まりしているとも。。。これでは、ユーロは売られるだろう。。。。



そう思っているのは、俺だけ。。。。。









以上。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。