日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなはずでは
2010年07月25日 (日) 20:45 | 編集
【ユーロ円】

ストレステストの結果で大きく流れがかわると思ったけど、そうではなかったです。残念。。。。


金曜日は、飲み会があって、帰ってきてから爆睡。
土、日曜日でストレステストの結果について情報収集に努めました。結果、「査定基準はあまい」ヘッジファンドは、「これから動く」というのがだした結論です。日経新聞をはじめ、たくさんの記事を読みましたが、おおよそ書かれていた内容以下。

・償還までもつ債権は対象外とか。
・所有不動産に関するリスクは欧州各国「統一基準」での査定では不透明。

基準があまいってもっぱら見方です。

a

1時間足です。移動平均とRSIを表示しています。
短期線が赤色です。短期的には、上昇余地があります。中長期期線は、ほぼ横這いです。ボックス圏内に留まっている事を示しています。移動平均の位置は、短期>中期>長期で、まだまだ上昇余地があるように見えます。

a

日足です。雲の中に突入し、雲の下限がサポート。113.40円が抵抗を抜けると、上値の余地が高まりそうです。雲の下限がサポート、次のサポートは110.00円のボックス圏の底値。

ランキングに参加しています。
にほんブログ村 為替日記

以上。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。