日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/12/8~2008/12/12
2008年12月15日 (月) 00:12 | 編集
2008/12/8
ドル円 92.60~93.88
ユーロ円 117.90~120.98
ユーロドル 1.2721~1.2964
株式市場は大幅上昇。一時NYダウが9000ドルを回復。自動車セクターに関するつなぎ融資が今週中に合意に達する見込みとの期待が先行。ドルは株式市場の動向を横目に軟調推移。民間の調査機関の2009年半ばまでには失業者が300万人を超える可能性があるとの報告が材料視。

2008/12/9
ドル円 91.96~93.05
ユーロ円 118.43~120.30
ユーロドル 1.2801~1.3
米株式市場は反落。ドルも軟調。FRB議長が議会行動の伴わない自動車セクター救済には消極的。FRB単体での救済は事実上ない事が意識され、政府による自動車セクターの救済が遅々として進まない事に嫌気がさされた。ユーロは堅調に推移。独12月ZEW景況感指数が予想外の改善を見せた事で、欧州株式市場が軒並み上昇。

2008/12/10
ドル円 92.11~92.99
ユーロ円 119.03~121.45
ユーロドル 1.2908~1.3070
NY時間、ポンドが全体的に値を下げた。英財務省がBOEは量的緩和に踏み切るだろうとのコメント。ポンド下落は輸出セクターの手助けになる等が材料視。共和党議員の自動車セクターの反対が表面化。ドルは軟調。ユーロも前日の高値を更新。

2008/12/11
ドル円 91.16~92.85
ユーロ円 120.29~122.74
ユーロドル 1.3004~1.3403
米経済指標が軒並み悪化。ドルは全面的に値を下げた。新規失業保険件数は26年ぶりの悪化。一方ユーロは上昇。特にユーロポンドは一時、過去最高値を更新。ウェーバー連銀総裁が1月の利下げの可能性を否定した事が上昇につながった。

2008/12/12
ドル円 88.34~91.84
ユーロ円 117.71~122.50
ユーロドル 1.3252~1.3412
米上院での自動車セクター救済が廃案。ドル安へ。TARP(不良債権救済プログラム)使用を検討との報道で、幾分買い戻し。ユーロは堅調。ユーロポンドは今日も最高値を更新。EU首脳会談でGDPの1.5%相当の景気救済策が合意に至った事、独連銀総裁のECBは1月会合での利下げするほどのデータはないとの発言が後押し。

ランキングに参加しています。応援して下さい。
FC2 Blog Ranking
人気blogランキングへ
為替ブログランキング

FXランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。