日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セミナーに参加しました。来年の相場予想
2008年12月03日 (水) 21:58 | 編集

今は力を蓄えるときと思い、セミナーに参加しました。講師の方が来年の相場予想をしていました。98年のアジア通貨危機の翌年と同じような相場になるのではないか。ボラティリティの低い相場。ヘッジファンドが大量に資金を失い、市場から退場に追い込まれた。そのために、リスクをとれる参加者が少なくなったことにより、実需での売買が主体となって、ボラティリティの低い相場となったのが、99年、00年の相場だそうです。その時と今回が酷似しているといっていました。確かにそうなのかもしれない。

現在の相場の対処法として、スキャルで利益を得る方法を紹介していました。チャート使った説明では納得し、確かにそのとおり取引すると、利益があげられるなあと、セミナー資料みながら納得しましたが、実践できるかどうか。値幅やロスカットについては、次回とのことだったので、残念。。。ただ、1回のトレードで、30銭程度の値幅を狙って取引しているそうです。トレードテクニックはともかく、20~30銭の利幅を狙うトレードもいいかも。。。現在がどういう相場か、ボックス圏だったら、トレンドを形成していたら、見極めてそれぞれに適した、トレードスタイルを持つことが有効だとしきりに、といていました。高価なセミナーに参加して、1つのトレードスタイルを確立するのもいいけど、いろんな無料のセミナーに参加して、いいとこどりで試行錯誤するのが、一番自分のためになるような気がします。

これまで確立されているトレードスタイル駆使して、一度やってみる価値がある。結果はまたブログで紹介します。

ランキングに参加しています。応援して下さい。
人気blogランキングへ
為替ブログランキング
FC2 Blog Ranking
ビジネスブログランキング参加中


ランキングに参加しています。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。