日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/13~10/17のドル円のまとめ
2008年10月18日 (土) 13:27 | 編集

10/13(99.60~102.15) C:102.03
ECBの協調資金供給策、英国政府の3行への資本注入に好感。ドル円は堅調に推移した。

10/14(101.54~103.05) C:102.05
大きく相場が乱高下しました。東京時間、欧州時間は、前日のNYダウの大幅上昇を受け、堅調に推移。日経平均は1000円を超える上昇。NY時間はポールソン米財務長官、ブッシュ米大統領が金融救済案を公表したことで、102.90円台まで上昇。その後、NYダウが伸び悩みドル円も下落。

10/15(99.86~102.24) C:99.95
東京時間ドル円相場下落。仲値決済に絡んだドル買いによって値を戻すも、ストップを巻き込み下落。欧州時間は一進一退。NY時間に入り、ドル円相場は下落。米経済指標の弱い結果を受けて、100円台まで下落。一時値を戻すも、NYダウの下落が500ドルを突破。ドル円も100円割れを記録。

10/16(99.28~101.69) C:101.63
東京時間、欧州時間は一進一退の動き。NY時間序盤に、米新規失業保険申請件数の減少、米株価指数の上昇を受け、ドル円も大きく上昇。一時NYダウが下落し、ドル円も下降する場面もあったが、NYダウ、ドル円共に持ち直した。

10/17(100.63~101.81) C:101.59
東京時間、欧州時間は一進一退。仲値絡みの決済で、ドルが買われ101.70円まで上昇。NY時間は、米住宅着工件数、建設許可件数が予想を下回ったことによりリセッション懸念が強まり、一時下降も、NYダウがやや持ち直し、101.00円半で終了。

伊藤忠グループ・FXプライムの『選べる外貨』
FXプライムは伊藤忠グループの外国為替専門の会社です。JASDAQ上場のFX会社です。特徴は選べる外貨。『選べる外貨』とは、9種類のレバレッジを取引毎に自由に選べる、外国為替保証金取引における新しいサービスです。安心・信頼の伊藤忠グループ!30種類以上のマーケット情報と抜群の取引システムでサポートしてくれます。取引手数料は無料です。→FXプライム

FX業界最高水準の全額分別信託保全ならM2J。
マネースクウェア・ジャパンのM2Jダイレクトは、レバレッジ20倍で50万円から始められるFX。Webセミナーも充実していて、FX初心者にはおすすめです。プロからの個別コンサルティングも受けられる「M2Jプレミアム」コースも用意されています。信頼度バツグンの情報配信。あなたのプライベート・バンクに!→マネースクウェア・ジャパン

安心と信頼 FXはじめるならマネックスFX
東証一部上場企業であるマネックスグループのFX専門店。マネックスFXの外貨deサポートなら土日の注文も可能で、注文有効期限を日時分で設定でき、スプレッドの間にも置ける指値注文機能などを実現しています。業界トップクラスのプライスとスワップポイント、豊富な情報や独自のセミナーなど、サポート体制も充実しています。→FXはマネックスグループのマネックスFXで

ランキングに参加しています。応援して下さい。

人気blogランキングへ
為替ブログランキング



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。