日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
世界インフレ-FRBはどこまで踏み込む
2008年08月25日 (月) 20:33 | 編集
8/25 NY時間の戦略は、109.60円以下狙い→ 人気blogランキング62位

夏休み明け、1週間ぶり会社に行った。そしたら、メールがたくさん。メールの処理だけで、午前中を使ってしまった。今日最初に相場がチェックできたのは、お昼ぐらい。

昨日の予想どおり、110.20~30円を越えられず、巻き戻していったみたいだあ~。日経平均は200円を超える上昇。5日連続の続落とならなくて良かった。今日の日銀の白川総裁の会見の要約です。

「今後しばらくは消費者物価は上昇率をやや高める」
「景気下振れと物価上振れの両方のリスクに対する注意が必要」
「金融緩和が長期化することのリスクに注意が必要」

会計士がやる!外国為替証拠金取引(FX)さん。何かおかしいと警告しています。→為替ブログランキング34位

あとは、米・7月中古住宅販売件数の発表待ちかなあ。
今日の日経新聞に経済評論家の書いた記事があったので紹介します。
明日発表されるFOMCの議事録に関して、着目点に関する記事です。サブプライムローン問題をどう位置付け、今後どう対応するのかを占うヒントが議事録にあるはずだ。と言っています。

ドルの低金利でドル安が進み、輸入品目の価格が上昇しており、物価上昇の原因となっている。この評論家が問題としているのは、米だけではなく世界全体がそうなっていること。
特に、為替レートを米ドルに連動させる「ペッグ制」を採用している、香港や中東諸国はドル安の影響を受け、自国通貨安を招き、インフレに直面しているとのこと。

FRBは、国内景気をだけを考えれば絶対利上げできない。ただ、世界情勢を重視すれば、利上げしなければいけない時がくる。今回の議論の中に、世界情勢を踏み込んだ表現や議論があれば、低金利政策の転換を考えているシグナルと受け止めようとのこと。

どこかのタイミングでボックス圏を抜けることになるんだろうけど、難しいですよね。たぶん米は、景気回復をまたずに、利上げするかもしれないのかなあ~。ただ、そうすると銀行の貸し渋りや、現在借金を抱えている人たちは、大変なことになるからなあ~。。個人的には、結局決め手に欠く議事録の公開となるような気がするけど。

手数料0円+スプレッド2銭+最高水準スワップ!最新鋭FX【フォーランド】
「業界No.1高額スワップ金利=フォーランドオンライン」は不動の地位を確立。さらに信頼性も抜群に高く、顧客資産の信託保全はもちろん、会計監査法人による外部チェックを受ける徹底ぶり。顧客定着率の高さも有名。システム・サーバは恒常的に強化され、各種マニュアルや電話応対などのサポート力は業界トップ。口座開設の申込はわずか15分程度で完了し、最短翌日からトリプル情報ベンダー(ロイター・FX Wave・GI24)を始め、全てのサービスを完全無料で利用可能。

ランキングに参加しています。応援して下さい。

人気blogランキングへ

為替ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。