日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル円-いきなりの高騰、その背景
2008年08月09日 (土) 17:06 | 編集

【ドル円】
昨日は、109.90円のドル円の売りポジションは、うまくはまって、109.55円で決済。その後、再び110.00円にむかって上昇し、結局110.00円を超えてNY市場が終わった。

各通貨のファンダメンタルについて解説しています。ランキング41位へGO→
人気blogランキングへ

日経新聞には、日本の景気の減速と、輸入企業の実需でもドル買い円売りが増加していること指摘しています。商品相場の高騰が、輸入代金を押し上げ、各商社のドル需要が拡大しているとのこと。
基軸通貨であるドルは、たくさんの輸入商品での決済通貨となっています。(米)以外の輸入品も以外とドルが決済通貨だったりするようです。

(米)景気の回復が、ドル高を招いたわけではないので注意が必要です。特に、(米)の住宅市場は悪ニュースが多く、かなり冷え込んでいる模様。

2007/6/22:124.12円
2008/3/21:95.69

半値戻しが、110.20-40円。ここを抜けるかどうか。?基本戦略は、来週も”押し目買い”となるんだろうけど、トレンド系のテクニカル分析で、買われ過ぎサインがでる頃である。

こまめに利益を確定させながら取引を実施しようと思っています。

ランキングに参加しています。応援して下さい。
人気blogランキングへ

為替ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。