日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル円-テクニカル分析
2008年06月18日 (水) 20:34 | 編集
バランスポイント
107.9767 -
ネクストサポートゾーン
106.9816~107.2567
サポートゾーン
107.5317~107.6167
レジスタンスゾーン
108.3367~108.4216
ネクストレジスタンスゾーン
108.6967~108.9717

ストキャスティクスが加熱気味のサインとなっているものの、MACDが上昇しているため、もう一段の上昇があるかもという、取引業者の分析メールを受けました。

昨日、108円でドル円の売り注文を取得。107.60円で決済注文を入れてあります。
業者のテクニカル分析と逆です。日経新聞とか、インターネットでいろいろニュースや経済コラムを読んでいると、米の景気はあきらかに減速している。インフレもあるけど、景気の不安定な状態で利上げはないと結論付けている記事がほとんどである。なのに、ドル円が108.00円以降、なかなか下落しない。107.95~108.40円での狭いレンジで推移が今週始まってからずっと。先週からの上昇でそろそろ調整が入ってもおかしくないと思っているんだけどなああ。

ランキングに参加しています。
為替ブログランキング 
人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。