日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
G8を受けて
2008年06月15日 (日) 13:39 | 編集
日経新聞の朝刊からです。G8に関する記事が大きく扱われてました。
日米欧で政策スタンスに違いがあり、インフレ抑制で各国は一致しても、その要因や解消手段に違いがあるとのこと。これに各国の景気対策も加わり複雑です。昨日は、ドル高一辺倒に動くかなと予想していたけど修正です。

【ユーロ圏】
・ユーロ高ドル安はインフレ抑制につながるので、歓迎している。
・利上げ時期を探っている。
・景気は堅調だが、減速懸念がある。
・原油高の要因は、投機マネーの流入と考えている。

【米国】
・ドル高を望む。ドル安が深刻なインフレを招く。
・利下げ休止。ユーロ圏が利上げすると、ドル安を招くので都合が悪い。
・景気は減速している。後退局面を迎える可能性大。
・原油高の要因は、新興国の実需の増加と考えいる。

【日本】
・円高、ドル安に懸念
・利上げにも、利下げにも動けない。
・景気は踊り場だが、下振れリスクも増加。
・原油高の要因は、投機マネーの流入と考えいる。

そもそも、中央銀行総裁の出席しないG8では、為替に関するメッセージは明確に打ち出せないとの思惑があった。但し、今回のG8では、ドル安が、原油高の要因とする議題が話しあわれるとの認識があったため、ドル安に関するメッセージを共同声明の中で発信されるのではないかとの思惑あった。

先週の為替相場、”米要人のドル安是正発言”と、今回のG8で”ドル安是正に関するメッセージが発信される”のではないかとする期待が、ドル高につながった見ている。

つまり、為替へのメッセージを発信されなかったこと。各国の思惑がいろいろあり、為替介入(ドル買い)の可能性がなくなったことなどで、対ユーロで、金利差によりドルが売られやすいとのこと。また、今週は金融機関の決算発表も控えており、為替相場は荒れる可能性大とのこと。

日経新聞の市場関係者の予想では、
107-111円、107-110円、105-110円と予想がばらけてます。105円との予想があるのにびっくりです。注文するときには、同時に損切りの注文を入れておかないと大変なことになりそう。とりあえず、ドル円で107円台で買い注文を入れようか、ユーロ買いにしようか、悩んでいます。今晩じっくり考えよう。

ランキングに参加しています。

為替ブログランキング 人気blogランキングへ

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。