日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米の景気対策-市場は不満
2008年01月20日 (日) 17:26 | 編集
【ドル円】

最近は仕事が忙しくなり、なかなか取引に参加できていません。売買の判断時間を短縮するために、エクセルシートを駆使して、売買サインの点灯システムを作成しています。

MACDと移動平均で一般的な売買サインを表示するエクセルシートを作成したところで、一息入れています。基本的な売買サインどおり取引するための目的でなく、サインが出ているかどうかの判断のみに使い、これにファンダメンタル分析を加味して取引に利用するつもりです。分析といっても、指標発表のタイミング等を考慮に入れるぐらいのもんだけど。

金土日と日経新聞を読んでいると、米の追加の景気対策は市場では、ものたりないという判断のようです。結局108円ではじまった今週のドル円は、106円台後半まで値を落としてしまっています。各国首脳からも景気の減速懸念に対する声明発表がちらほら記事になっています。世界的に景気減速へむかっているようです。頼みの綱は、新興国の活性化。

市場はすでに利下げを織り込んでおり、利下げプラスアルファが何かでてこないと、再度106円を割ってくると思っています。

そうすると、日経平均がまたも売られて、日経平均の下落がリスク資産の圧縮につながるので、まだまだ底ではないのかなあと思っています。もう一段の下落も十分考えられます。

フィボナッチゾーンを利用して、売りから戦略をとろうと思っています。ただ、基調の反転には十分注意しつつ、損切りを忘れずに。。。。

ランキングに参加しています。応援して下さい。
人気blogランキングへ 為替ブログランキング

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。