日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新聞拾い読み
2007年12月29日 (土) 14:23 | 編集
来週は正月休みを挟んでの市場のため、参加が少なく乱高下しやす相場になることに注意を促している個人投資家がほとんでです。→有名ブロガーの情報をチェック(人気blogランキングへ

逆にデイトレードをするにはチャンスからもしれない。

昨日寝てからの値動きを確認したかったけど、取引業者のシステムがメンテナンス中だった。携帯電話に配信設定している市況ニュースを確認すると、ドル円は大きく下げたみたいだ。

日経新聞から為替ネタを拾いました。

【外為取引9年ぶり高水準】
2007年の東京外国為替市場の売買高が1日平均120億ドルを突破。
サブプライムローン問題を受けて値動きが荒くなり、投機的な取引が活発になる場面が増えた。国内の低金利を背景に、個人の外貨建て金融資産への投資も旺盛だった。

【値上げ、来月以降も】
原油高を背景に消費者物価の上昇が鮮明に。総務省が発表した11月の消費者物価指数は前年同月比0.4%上昇し、9年8ヵ月ぶりの高い上昇率となった。食品の相次ぐ値上げもじわり浸透し始めており、2008年春にかけて物価上昇率が1%ちかくまで高まる可能性もでてきた。賃金が伸び悩む中、個人消費への悪影響が懸念されそうだ。

【米金融機関で株主訴訟多発】
サブプライムローンの焦げ付き問題を巡り、米投資家がシティーグループなど大手金融機関に株主集団訴訟を相次いで起こしている。サブプライム関連投資の失敗で株価が下がって損害を受けたほか、情報開示が不十分だったとみている。米証券取引委員会(SEC)は金融機関が顧客に実態を知らせていなかった疑いがあるとして調査を始めた。

【(米)住宅販売12年ぶり低水準】
米11月9%減。市場予測大幅に下回る。

「トルコリラで稼ぐ!!FXで沖縄暮らし」ランキング1位に。「スワッピー取引を実践。」スワッピー取引って何。?→為替ブログランキング

【その他】
投信の運用成績について、以下の興味深いコラムが掲載されていました。
コラムの中で、日本株の運用実績がマイナスとなったものがほとんどだが、海外株を取り入れた投信は軒並み高運用実績を残した。中には、2倍以上の実績を残したものもある。日本株投信の不振は今年の日本を象徴している。コラムの結論は、日本株が下がっている今こそ投資のチャンスとしている。以下の格言を紹介して、コラムの結論としてる。

「相場は悲観の中で生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟する」

ランキングに参加しています。応援して下さい。
為替ブログランキング
人気blogランキングへ


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。