日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
かぎは個人消費、金融機関の決算発表
2007年12月16日 (日) 16:26 | 編集
【米ドル円】
サブプライム問題での金融機関の追加損失、インフレリスクと米景気の先行きが怪しくなってきた。今週発表のドル円相場に影響を与えそうな経済指標発表予定を書き出した。先週は短期金融市場への資金供給でドル買い、クロス円買いが優勢になって終わった。

今週、まずは、18日の住宅着工件数と、ゴールドマン・サックスの決算発表。住宅担保証券を含む、合成債務担保証券の損失をどう評価するか注目。シティがやったように、大幅に損失を計上すると、ドル買い優勢が逆転する可能性大。後は、個人消費、クリスマス商戦。日経新聞を読む限りだと、苦戦必死。ドル売り優勢に変わるかもしれない。ただ、円が買われる材料も乏しいので、やっぱりボックス圏相場から抜け出せないと思う。

となると、113円を中値として、上がった売り、下がったら買いでうまく利益を抜くのが戦略。経済指標の発表タイミングとあわせて、臨機応変に取引しようと思う。

予想:111円前半~114後半~115円前半。

【米経済指標】
17日 7-9月 経常収支
18日 11月の住宅着工件数
20日 7-9月 GDP
21日 11月の個人消費支出

【企業の決算発表 9-11月期】
18日 ゴールドマン・サックス
19日 モルガン・スタンレー
20日 ベアー・スターンズ

【日本の経済指標発表】
19-20日 日銀の金融政策会合

ランキングに参加しています。応援して下さい。
人気blogランキングへ
為替ブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。