日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
あすの勘どころ
2007年10月24日 (水) 20:15 | 編集
東京時間、本日決算発表する米系証券がサブプライム関連で25億ドルの追加損失を計上すると伝えたことで、114円96銭から114円21銭まで下落した。その他、米の住宅関連指標に注目が集まっている。

日経新聞の夕刊に、31日発表の(日)新設住宅着工戸数発表後、市場の下振れ、GDPの下押しリスクについて記事が書かれていた。

耐震強度偽装事件を受けて、改正された建築基準法の影響で、8月前年同月比で43.3%下落。市場は9月以降もマイナスが続くとの見方が多く、企業業績や景気への影響を懸念する声が強まっている。

景気への影響に焦点を当てると、住宅投資の減少がGDPの下押し圧力となるということ。GDPの住宅投資は工事の進み具合に応じて計上するため、流動的な部分は残るが、問題が長引くほど景気に悪影響がある。「住宅投資の減少分を個人消費や設備投資の伸びで補えるかどうかが焦点」

(米)住宅指標に注目されがちだが、日本も耐震偽装の影響でにたような状況にあることを認識しておこう。

「ECB理事、原油価格が原因のインフレ率上昇なら問題ない 」ユーロ圏の今日発表経済指標分析は、ランキング19位「FXミリオネアを夢見る日記」→為替ブログランキング

ランキングに参加しています。
為替ブログランキング
人気blogランキングへ
FC2 Blog Ranking
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。