日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
(米)大統領選挙と為替相場
2007年09月25日 (火) 23:03 | 編集
スワップ派必見。トルコリラの情報は、ランキング12位へGO⇒為替ブログランキング

今日の日経新聞の「目からウロコの投資塾」

(米)大統領選挙のインターバルにあわせて過去6代の大統領の就任時期における円ドル相場の動きをグラフで掲載。大統領就任から3-4年目にかけてドル安・円高の傾向が読み取れる。大統領選挙に向け、そのときの政権は自らにとり有利な選挙権を戦いたいはず。であれば、経済刺激的な政策を促す一環として、為替面では直接、間接の手段を講じて米ドル安政策をとろうとするのではないか。自国通貨を安くすることは原理的には、国内企業の対外競争力を増すからです。企業業績が相対的に上向けば、それを反映して株価も上がると期待することができる。

日本経済新聞の購読申込み

だとすれば、来年秋移行の大統領選挙に向け、米ドルの対円レートは下落する可能性が高いと結論付けていました。

ここにも、ドル安要因が。。。。?

ランキングに参加しています。

為替ブログランキング

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。