日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投信設定のニュース? 円安要因
2007年09月25日 (火) 20:08 | 編集
市況ニュースを読んでいたら、投信設定のニュースを見つけた。現在は為替相場で急激な円高・外貨安を体験した直後であり、円高(外貨安)再燃による為替差損リスクなどが意識されるために、新規の資金流入には不透明感も漂っている。当面の投信設定が為替相場にとって円安・外貨高要因となるか否かは、実際の募集資金次第という流動的な状況にあるらしい。

・9月26日=グローバル・インフラ公共株ファンド(毎月分配型)
野村アセット、世界のインフラ公共関連企業の株式に投資。原則として為替ヘッジなし。

・9月26日=グローバル公益・インフラ株ファンド
野村アセット、世界の公益・インフラ関連企業の株式に投資。為替ヘッジなし。

・9月26日=DCターゲット・イヤー ファンド(4種類)
住信アセット、国内外の公社債、株式、国内の短期金融資産等に分散投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=DIAM資産形成ファンド(1年決算型)
興銀第一ライフ、 国内外の株式、債券、REITの6資産に分散投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=DIAM資産形成ファンド(隔月決算型)
興銀第一ライフ、国内外の株式、債券、不動産投資信託証券の6資産に分散投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=温暖化防止環境関連株オープン
日本投信、世界の温室効果ガスの排出削減につながる関連技術を有する企業や地球温暖化防止に関連した企業の株式に投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=フィデリティ・EMEA(3カ月決算型)
フィデリティ、アフリカ、中東、ロシア、東欧を拠点とする成長期待企業の株式に分散投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=シュローダー・ラテンアメリカ株投資
シュローダー、主としてMSCI EMラテンアメリカ・インデックスの構成国の株式に投資。為替ヘッジなし。

・9月27日=野村DC外国債券インデックス
野村アセット、外国の公社債を実質的な主要投資対象に。為替ヘッジなし。

・9月27日=野村DC外株インデックス
野村アセット、外国の株式を実質的な主要投資対象に。為替ヘッジなし。

・9月27日=マイバランス(DC30、DC50、DC70の3タイプ)
野村アセット、 内外の株式m公社債に投資。為替ヘッジが原則なし。

・9月27日=ワールドREITアクティブ
興銀第一ライフ 、日本を除く世界各国のREITに分散投資。為替ヘッジなし。

・9月28日=JPM資産分散インカム・ファンド
JPモルガン、日本や海外の債券、株式、並びに世界の不動産株式及びREITに連動する不動産連動債券などに分散投資。為替ヘッジを行う場合も。

・9月28日=世界サステナビリティ株式ファンド
T&D、革新的な技術を有することで持続的成長(サステナビリティ)のにある世界の企業に分散投資。

・9月28日=JPMターゲット・イヤー(目標年次の違いで計6タイプ)
JPモルガン、国内外の債券・株式、世界の不動産株式、REITに連動する不動産連動社債等に分散投資。為替ヘッジを行う場合も。

・9月28日=新生・フラトンVPICファンド
新生インベストメント、主にベトナム、パキスタン、インド、中国の株式等に投資。原則として為替ヘッジなし。

・9月28日=アクサ・ローゼンバーグ欧州株式ファンド
アクサ・ローゼンバーグ、 欧州地域の企業の発行する株式等(普通株式、転換社債、転換社債型新株予約権付社債、優先株式及びワラントを含む)に投資。原則として為替ヘッジなし。

・9月28日=ダイワ円債重視バランスファンド(資産形成型、奇数月決算型の2種類)
大和投信、主として内外の公社債、株式及びリートに投資。原則として為替ヘッジなし。

ランキングに参加しています。

人気blogランキングへ

為替ブログランキング


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。