日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
CPIに注目
2007年08月29日 (水) 21:01 | 編集
気がついたら、早期に(ドル円)114.50を回復。114.50サポート下値のサポートの目安として問題なさそうだ。31日までは、114.50円をサポートして意識したい。

株安⇒円高の流れが数日おきにかならずおこる。昨日は、FOMCの議事録に反応したのかなあ。議事録のポイントを確認。

1.金融問題が景気の悪化リスクを高めた。
2.金融情勢悪化の恐れは排除できず、政策対応が必要になるかも知れない。
3.住宅市場の調整は年初予想よりも深く、長引く恐れがある。
4.雇用や輸出増が成長を下支えする。
5.当面の最大の政策課題はインフレ抑制。

週末に(日)のCPIの発表がある。サブプライム問題が発覚する前は、日銀が利上げするための障害となると思われていた指標。今後の日銀の政策を占う上でも注目。

将来的はもっと円高になると思っているのだが、円の価値が上がらないのは消費者物価指数がマイナスだから。日銀の利上げがなかなかできなのも起因している。市場予想を上回ると、円買い戻されるので注意が必要。

ランキングに参加しています。

為替ブログランキング

人気blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。