日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ターゲットはユーロ
2007年08月01日 (水) 01:01 | 編集
為替ブログランキング参加中

先程記事を書いてから、ユーロドル、ユーロ円も動きがとまった。一般的な言葉でいうところの、レンジ内相場ってやつだ。しかもめちゃくちゃ狭いレンジ。やっぱりすんなりとは、上昇トレンドには転換してくれない。今日はこのまま引けてしまうのかなあ。せめて陽線。上昇トレンドを描いてほしい。

FXミリオネアを夢見る日記さんがカナダ経済事情を分析。ランキング23位へGO⇒為替ブログランキング

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】の市況ニュースでおもしろい記事を見つけた。

円のショートポジションが解消されつつあるそうだ。再びリスクを許容した取引がはじまれば、円安傾向に進むのではないか。

以下は、株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】の市況ニュースからの引用です。

FX短期売買ドットコム ≪FX動画レポート≫さんがドル円を分析しています。ランキング31位へGO⇒人気blogランキングへ

外為市場では米サブプライム発の金融不安などから内外投資家のリスクテイク姿勢が後退、「リスク許容度の低下」によって円調達・高リターン資産(=高リスク資産)投資の反動逆流的な円の買い戻しが加速してきた。その一方で円急騰をもたらしてきた投機的な円ショート(売り持ち=カラ売り残高)ポジションの解消は着実に進展しつつある。
シカゴIMM(国際通貨先物)での円先物ポジションによると、先週末27日発表の24日分は円ショートが前週比で半減し、4月下旬以来の水準にまで円の売り持ちの解消が進んできた。
また、24日以降の円高加速により、31日集計分(3日発表)ではさらに円ショートの整理が進んでいる可能性が高い。

スワップ取引の極意を公開。ランキング10位へGO⇒外為ランキング


投機的な円ショートの膨張と過熱感が修正されると、雪崩現象のような円買い戻しの勢いは緩和されてくる。
まだまだ米国の金融不安は続くほか、国内ボーナス資金の外債投資のピークアウトとあいまって、すぐに円キャリー発の円安が再燃する可能性は見方が分かれている。
とはいえ、「ポジション面での円ショートの過熱が修正され、世界の株式市場がとりあえずのリスクを織り込んで落ち着いてくれば、ポジション調整の範囲を超えた円高は抑制されていく」(欧州系銀行)という見方は根強いようだ。

なお、最近の円高局面におけるシカゴIMM円先物ポジションでのロングとショートの合計ポジションに占める「円ショート比率」は以下の通り(投機部門を示す非商業部門、単位は%、毎週火曜に集計)。

2005/12/06 78.64
2005/12/13 80.93 (円ショートの直近ピーク)
2005/12/20 75.72 (円ショート整理加速=円の買い戻し活発化)
2005/12/27 69.71 (調整的な円高継続)
2006/01/03 67.89
2006/01/10 62.13 (円ショートの整理一服=4週目)
2006/01/17 61.65 (円ショート整理の下限=5週目)
2006/01/24 62.25 (円ショートが再拡大=円安が本格再燃)

2006/11/14 68.19
2006/11/21 72.13 (円ショートの直近ピーク)
2006/11/28 63.62 (円ショート整理加速=円の買い戻し活発化)
2006/12/05 57.94 (円ショート整理の下限=2週終了)
2006/12/12 67.72 (円ショートが再拡大=3週終了)
2006/12/19 74.29 (円ショートが再拡大=円安再燃)
2006/12/26 74.27
2007/01/03 75.98

2007/02/20 78.94
2007/02/27 79.64 (円ショートの直近ピーク)
2007/03/06 75.39 (円ショート整理加速=円の買い戻し活発化)
2007/03/13 70.45 (調整的な円高継続)
2007/03/20 71.08 (円ショートの整理一服=3週終了)
2007/03/27 69.30 (円ショート整理の下限=4週終了)
2007/04/03 73.21 (円ショートが再拡大=円安が本格再燃)

2007/06/19 82.04
2007/06/26 82.78
2007/07/03 82.07 (円ショートの直近ピーク)
2007/07/10 77.49 (円ショート整理加速=円の買い戻し活発化)
2007/07/17 77.85 (調整2週終了=円の買い戻し継続)
2007/07/24 73.75 (調整3週終了=円の買い戻し加速)
2007/07/31(3日公表予定、調整4週終了)
2007/08/02以降(次第に新たな円売り余地が醸成へ)

ビジネスブログランキング参加中
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。