日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル円~今週の戦略
2007年07月22日 (日) 22:12 | 編集
【ドル円】
金曜日の突然の下落。まったくのノーマーク。ストップも入れていなかったので、一気に含み損が膨れ上がった。
下落の原因は、サブプライム問題を背景に、株安に端を発した下落。

詳細は、人気blogランキングで確認

今週発表の経済指標
7/25
米6月中古住宅販売件数【23:00】
米地区連銀経済報告(ベージュブック)【26日3:00】

7/26
米週間新規失業保険申請件数【21:30】
米6月耐久財受注【21:30】
米6月新築住宅販売件数【23:00】
7/27
米第2四半期GDP速報値【21:30】
米第2四半期個人消費速報値【21:30】
米7月ミシガン大消費者信頼感指数確報値【23:00】
日6月全国消費者物価指数【08:30】
日6月商業販売統計【08:50】

【一目均衡表 週足】
・転換線・・・上向き
・基準線・・・横向き
・遅行線・・・下向き
・転換線と基準線の位置関係・・・転換線>基準線 
・相場と雲の位置関係・・・・・・相場>雲
・相場と遅行線の位置関係・・・・遅行線=相場

遅行線が相場とほぼ等しい値に。 下抜けるのは、時間の問題か。

【DMI】
+DI(14)<-DI(14)
ADXは20以下で、トレンドなし。

【週前半の戦略】
トレンドが形成されまで取引したくないところだが、ポジションを持ってしまっている以上そうはいかない。今週は、米国債の売り出し、投信設定等もあり、円安ドル高となる要因もある。水曜日の住宅関連指標の発表まで様子を見たい。120円台に下落するようだと、損切りを考えたい。121.00円台は安全圏とみたい。押し目買いもあり。?

有名ブロガーの週間予想をチェック⇒為替ブログランキング

週足7月22日

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。