日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドル円~今週の戦略
2007年07月15日 (日) 19:28 | 編集
【米ドル円】
先週は、サブプライムローン問題がはじけて、大幅下落。昨日の日経新聞の情報だと、機関投資家はドルを引き上げ、ユーロへ投資資金を振り替えているらしい。ユーロは先週最高値を更新したようだし。また、原油高で潤った中東諸国の資金もユーロへ振り向けられている現状、どこまでユーロは上値を更新するだろうか。

今週のユーロドルの戦略は、ランキング2位の『羊飼いの外国為替証拠金取引FXブログ』GO⇒人気blogランキングへ

今週の米関連指標は、
7月16日(月)
 米7月NY連銀製造業指数
7月17日(火)
 米6月生産者物価指数(PPI)
 米5月対米証券投資
 米6月鉱工業生産
7月18日(水)
 米6月消費者物価指数(CPI)
 米6月住宅着工件数
 米6月建設許可件数
7月19日(木)
 FOMC議事録

【今週の注目は】
18日、米消費者物価指数、その他住宅関連指標、18-19日のFOMC議事録公開。17日にも、生産者物価指数、鉄工業生産等あり、指標に一喜一憂する週間となりそう。

消費者物価指数、生産者物価指数がインフレリスク緩和を裏付ける内容となるか注目です。

【一目均衡表(週足)】
・転換線・・・上向き
・基準線・・・横向き
・遅行線・・・下向き
・転換線と基準線の位置関係・・・転換線>基準線 
・相場と雲の位置関係・・・・・・相場>雲
・相場と遅行線の位置関係・・・・遅行線>相場
・値幅観測論
A点・・・121.45円(1/29の週)
B点・・・115.16円(3/5の週)
C点・・・124.12円(6/18の週)

週足ドル円


N計算値=C-(A-B)=117.83円
V計算値=B-(C-B)=106.20円
E計算値=B-(A-B)=108.87円

遅行線が相場につっこんでいっている。毎週のように、高値が下がってきた。転換線となる、122.07円を維持できずに終わった。押し目を、輸入企業の為替予約、国内個人投資家に支えられながらも、今週は円高・ドル安が続くと予想している。

現在のポジション。123.10円のドル買いは、住宅関連指標発表前までは、今のまま持ち続けようと思う。市況ニュースを見ながら臨機応変に対応しようと思う。

ビジネスブログランキング参加中

AFT-FXダイレクトトレード【手数料無料の外国為替取引】
・米GFT社の日本正式代理店
・【Foresight-A.I.】なる為替予測システムがある。
金融サービスの先進国アメリカで開発したシステムなのでかなり魅力的に映る。利用料が6万で、最大6万円キャシュバックと宣伝されているが、実質無料なのか。?とりあえず候補として、ピックアップ。再度調査要。

オクトキュービック【ガイタメジェンヌ】
・最大1万円のキャシュバック
・スワップポイント決済不要で、毎日受け取れる。
・ホームページが凝っている。
・かなり女性の投資家を意識しているようだ。

上田ハーローFX 
・インターバンク直結の外国為替(FX)取引
・取引手数料が1万通貨で200円
・手数料が3ヶ月無料
・三井住友VISAギフトカードが3000円当たる
資料請求ができなくいきなりオンライン口座開設となっている。
ホームページにのっている情報だけでは、メリット、デメリットを判断できない。どなたか取引している人がいたら教えてください。

アイビック e-Forex
・3000円のキャシュバック
・モバイルサイトが充実している。
・会員のみの情報提供ページが魅力的。
・取引手数料が200円。

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
最近株式上場。外為取引業者初。
・自動者が当たるキャンペーンを実施。
・取引手数料がただ。
・スプレッドがドル円で3銭。
・最近ドル円以外の通貨もスプレッドが縮小しました。
私が短期トレード用に取引している業者。システム安定性に元々定評があり選んだ業者。株式上場し経営の透明性も高まったので一番お勧めかも。

FXオンライントレード(ネットフォレックス)
・3000円のキャシュバック
・市況レポートが充実。
・オンラインセミナーが充実。
・証券大手がやっている。
・取引手数料が1銭~。

ひまわり証券
・口座開設で楽天のポイントがもらえるらしい。
・口座開設キャンペーンをやっています。
・証券大手
・市況レポート、セミナーが充実。
・デイトレ用の口座があり、デイトレ用口座手数料無料
市況レポートはかなり充実している。証券大手だし、かなり安心感がある。開設候補。こちらも資料請求できそうなので、資料請求しよう。

FXOnline Japan
・最近スプレットを5から3に下げたようだ。
・取引システムが充実
・レバレッジが200倍まで可能。
・モバイル取引充実
こちらも開設候補。資料請求できそうなので、資料請求しよう。

FXクリエイト
・スワップが業界最大
・3ヶ月取引手数料無料
・セントラル短資のグループ企業。
スワップを目的として取引業者として最適。資料請求することにしよう。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
口座自動振替口座自動振替(こうざじどうふりかえ)は決済手段(振込#振替|振替)のひとつで、銀行などの金融機関の預金|預金口座から毎月の公共料金(NTTグループ|電話料金、電力会社|電気料金、上水道|水道料金、日本放送協会|NHKの受信料など)・公金やクレジットカードなど
2007/07/30(月) 11:43 | 決済の手段いろいろ
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。