日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新聞拾い読み
2007年07月01日 (日) 14:55 | 編集
【日証協、監査部門を強化】
証券業務を行う金融機関の自主規制組織である日本証券業協会は7月から、証券会社などの販売態勢や経営内容をチェックする監査部門を強化する。これまでに不定期に監査していた「モニタリング調査室」を「監査2部」に昇格させる。
9月に全面施行される金融商品取引法が自主規制機関を促しており、体制を整える。

【景気データ、卸売り堅調、小売りは微減】
百貨店、スーパーなど消費の最前線である商業事業所の販売額を集めた経済産業省の商業販売統計。5月分は全体が前年同月比5.8%増と堅調なのに、小売業はほぼ横ばい。2004年頃から小売りの販売額が伸び悩む一方卸売業は好調を保ち、ズレが目立つ。
原因として、ネット消費を映さず。駅ナカも対象外。のためとの指摘。

【中国の株高対策、財政省、存在感示す】
中国の株価急騰への対策めぐり、中央銀行である中国人民銀行の影が薄い。株高の背景にあるカネ余りを解消しようと手を打つが、効果がみえない。対象的に存在感を増しているのが財政省。6月27日に特別国債の発行を発表し、上海株が大幅に下げた。バブル崩壊を心配する内外の投資家が今注目すべきなのは財政省の動向だ。

市場が財政省の力を最初に痛感したのが5月30日。株の取引にかかる印紙税率を突如3倍に上げ、上海総合指数は6.5%も急落した。
今も続く調整局面のきっかけとなった。

財政省は赤字企業の株に買いが殺到するなど株バブルが深刻になってから参入したため、大胆な手を打てた。とくに特別国債は市場から集めた資金で外貨の運用準備会社を作るという別の目的もあり、国務院で承認を得やすかったようだ

運用会社は9月に誕生する。その後も運用原資を増やすため債権を発行し、市場から資金を吸い上げる役割を担う。

【今週の為替相場マーケット】
為替、円、景気動向にらみ神経質

円相場は景気動向をにらんで神経質な動きになりそうだ。日銀の6月の企業短期経済観測調査や米雇用統計など、両国の景気を占う主要な経済指標の発表が相次ぐためだ。予想は、122-124円台に集中している。

民間の事前予想によると、2日発表の日銀短観は、大企業製造業の業況感が3月の前回調査と同じ水準になる見通し。日銀の8月の利上げ観測が根強いなか、予想を大きく割り込む結果になれば、利上げが遅れるとの見方から円売りが進む可能性がある。

米国では6日に雇用統計が発表される。5月の統計は、雇用者の増加が市場予想を上回った。増加基調にに歯止めがかかるような内容であれば、米経済への先行き不透明感から円高・ドル安傾向になる場合もある。米サプライマネジメント協会が発表する6月の製造業、非製造業の景気指数も今後の米景況感を判断するうえで注目されている。

AFT-FXダイレクトトレード【手数料無料の外国為替取引】
・米GFT社の日本正式代理店
・【Foresight-A.I.】なる為替予測システムがある。
金融サービスの先進国アメリカで開発したシステムなのでかなり魅力的に映る。利用料が6万で、最大6万円キャシュバックと宣伝されているが、実質無料なのか。?とりあえず候補として、ピックアップ。再度調査要。

オクトキュービック【ガイタメジェンヌ】
・最大1万円のキャシュバック
・スワップポイント決済不要で、毎日受け取れる。
・ホームページが凝っている。
・かなり女性の投資家を意識しているようだ。

上田ハーローFX 
・インターバンク直結の外国為替(FX)取引
・取引手数料が1万通貨で200円
・手数料が3ヶ月無料
・三井住友VISAギフトカードが3000円当たる
資料請求ができなくいきなりオンライン口座開設となっている。
ホームページにのっている情報だけでは、メリット、デメリットを判断できない。どなたか取引している人がいたら教えてください。

アイビック e-Forex
・3000円のキャシュバック
・モバイルサイトが充実している。
・会員のみの情報提供ページが魅力的。
・取引手数料が200円。
・スワップのページをみつけられなかった。
資料請求ができそうなので、資料請求を実施。

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
最近株式上場。外為取引業者初。
・自動者が当たるキャンペーンを実施。
・取引手数料がただ。
・スプレッドがドル円で3銭。
私が短期トレード用に取引している業者。システム安定性に元々定評があり選んだ業者。株式上場し経営の透明性も高まったので一番お勧めかも。

FXオンライントレード(ネットフォレックス)
・3000円のキャシュバック
・市況レポートが充実しているらしい。口座開設した場合のみ。
・証券大手がやっている。
・取引手数料が1銭~。
・スワップの情報が口座開設の紹介ページにない。
資料請求できそうなので、資料請求してから検討。

ひまわり証券

・口座開設で楽天のポイントがもらえるらしい。
・証券大手
・市況レポート、セミナーが充実。
・デイトレ用の口座があり、デイトレ用口座手数料無料
市況レポートはかなり充実している。証券大手だし、かなり安心感がある。開設候補。こちらも資料請求できそうなので、資料請求しよう。

FXOnline Japan
・最近スプレットを5から3に下げたようだ。
・取引システムが充実
・レバレッジが200倍まで可能。
・モバイル取引充実
こちらも開設候補。資料請求できそうなので、資料請求しよう。

FXクリエイト
・スワップが業界最大
・3ヶ月取引手数料無料
・セントラル短資のグループ企業。
スワップを目的として取引業者として最適。資料請求することにしよう。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。