日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米ドル円~指標発表後
2007年06月27日 (水) 00:02 | 編集
【米ドル円】23:10
米5月新築住宅販売件数、米6月消費者信頼感指数は共に、市場予想を下回ったが、許容範囲内だったのかあまり影響はでていない。
逆に徐々に回復傾向にあるようだ。とりあえず一安心。このまま今日は、123.00円を割れずに終わってくれるといいのだが。。。
願わくば、123.30円超え。

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】の市況ニュースを読んでると、「円安阻止、口先介入によるピッチ制御が限界との見方も」との喜ばしい記事をみつけた。

・現状レベルで財務省・日銀が円買い・ドル売り介入に動くことは副作用が大き過ぎる。
・日本政府がドル売り・円買い介入に動くと米国債券を売ることになるため、ただでさえインフレ懸念で下落リスクに揺れる米債を急落(長期金利は急上昇)させてしまう。
・加えて現在の日本では7月に参院選が控えている。与党からすれば、景気や製造業への配慮を踏まえると円安は歓迎すべき状況にある。
・日本の当局による今後の円安制御策には難しさが指摘されている。やがて市場で「せいぜい口先介入しか出来ない」と足元を見透かされると、海外投機筋から円売り仕掛けが一段と活発化。日本の当局の信認が低下し、円全面安に拍車が掛かるリスクも警戒され始めている。

またしても大雑把に抽出したけど、122.60-70円を割れない限りは大丈夫なような気がしてきた。またそう簡単に割れるレベルではないこともわかった。上記金額になると、ヘッジファンドや個人投資家、今週に限っては投信設定により、価格を押し戻してくれるであろう。

【第二口座開設】
第二口座開設を検討中。前回も書いたけど、ボーナスシーズンで取引業者がいろいろキャンペーンをやっていること。取引業者独自のサービスやレポート、開設者対象のセミナーに魅力を感じることで、今回もいろいろと調べてみようと思う。

FX-navi オンライントレード
・すごい、取引通貨ペアは業界最多の約150通貨ペア
・信託保全を最近はじめたようだ。
・スワップも高そうだ。
・あまり関係ないけど、本社が愛知のようだ。
入金、出金にコストがかかるのか、知りたかったが、ホームページに記載がない。資料請求して調べてみよう。

アクティブトレーダー【必見】FX手数料新定額制→かざか証券
・証券会社中堅
・レバレッジ200倍
・ダイレクト入出金の手数料無料。ここ一番重要。
・投資レポートが充実している。
・手数料については、いろいろ安くなるルールが存在。
投資レポートに魅力感じる。資料請求して調べてみよう。

GMO-FX
・インターネット証券が手掛けるFXサービスのようだ。
・取引システムが充実。
・取引手数料0円、スプレッド2銭、レバレッジ100倍
・取引システムが使いやすそうだ。
資料請求のページがみつからない。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。