日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日経新聞拾い読み
2007年06月09日 (土) 14:06 | 編集
・長期金利上昇1.9%
世界の長期金利が急上昇している。代表的な指標である新発十年物国債利回りが欧米で急伸し、日本でも8日、一時1.92%と約10ヶ月ぶりの水準に上昇(債権価格は下落)した。世界の景気の拡大を背景に、金融を引き締める観測が広がっているためだ。急ピッチの金利上昇は株式相場の重しとなっている。

世界的な金利上昇株安を誘発している。

米国市場ではダウ工業株30種平均が200ドル近く下落。8日には日経平均株価が下落反落し、アジア株式市場にも波及した。

景気の足腰が強ければ、金利上昇(債権価格の下落)は、債権から株式へのシフトへつながりやすい。しかし今回は、株安と債権安が同時に進行した。

株式市場は米国経済の軟着陸シナリオを揺らぐ可能性を危惧している。
「住宅市場の減速が続く中で、金利上昇が止まらなければ米経済の足を引っ張る。」

・「仕組み債」個人向け拡充
国債などとは異なる性格を持つ「仕組み債」の販売に銀行系証券が力を入れ始めた。みずほインベータース証券が週明けから本格販売を開始するなど、高利回り志向の個人向けを中心に売り込んでいく戦略だ。
ただ元本割れとなる仕組みは株式などより複雑。
顧客の金融知識の見極めや説明責任の徹底などが普及の鍵を握りそう。

・三菱UFJ、三井住友、定期預金一部金利上げ

・東証「来年12月にも上場」
野村、大和、モルガン 主幹事。

・街角景気指数、5月46.8に、2ヶ月連続で低下

・米貿易赤字6.2%減
4月、中国向けは拡大続く。

・中国株のバブルを警告する記事もあったが一方で、円相場、中国株に免疫という記事もあった。
株安、円買い、連動性薄れる。中国株の動きに翻弄されてきた円相場に「免疫」ができてきた。2月以降、中国株の下落は世界的な株安不安を連想させ、投機筋の円買いを誘ってきたが、こうした連動性は薄れつつある。外国人の参入が限られる中国株式市場は他市場から隔絶しており「中国の株安が世界的な株安にはつながりにくい」との認識が市場に浸透してきたためだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。