日刊 外国為替証拠金取引
ユーロを中心に取引しています。一目均衡表とフィボナッチを中心にデイトレードでがんばってます。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
一目均衡表の研究(ポンド円・ユーロ円)
2007年04月30日 (月) 23:21 | 編集
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング


【ポンド円】
・一目均衡表
・基準線(転換線)----方向感なし
・遅行線--------------下向き
・系譜----------------(今日の結果次第で五陽連)
・経済力強い。輸出企業は不満。収益に影響。
(値幅観測論)
・A点 2007/1/23 241.54円
・B点 2007/3/6 221.19円
・C点 2007/4/16 239.45円

目先4/16高値の239.45円を超えなかった場合、5/21前後

N計算値=C-(A-B)=219.1円
V計算値=B-(C-B)=202.93円
E計算値=B-(A-B)=200.84円

【戦略】
方向感がでるまで様子見

日足(4月30日)ポンド






【ユーロ円】
・一目均衡表
・基準線(転換線)----方向感なし
・遅行線--------------下向き
・系譜----------------(今日の結果次第で五陽連)
・上昇相場でてくる系譜であるが、相場は加熱気味。
・経済、力強い。輸出企業は不満。収益に影響。
(値幅観測論)
一本調子の上げで、適用していない。

【戦略】
方向感がでるまで様子見

ユーロ円(4月30日)


【おすすめの取引業者です。】
取引単位を1万ドルに引下げ!トレイダーズの為替取引

ハーベストF「くりっく365」
手数料210円キャンペーン実施中


インターネット取引するならマネックス証券


◇◆お試しあれ~~手数料「無料」のFX-REALで外国為替取引。初心者の方もデモトレードがあるから安心ダネッ!!◇◆

スポンサーサイト
日経新聞拾い読み
2007年04月30日 (月) 19:48 | 編集
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング


・三角合併あす解禁
三角合併は企業を買収する際に子会社に買収対象を吸収合併させる仕組み。5月から外国企業が日本の子会社を使い、日本企業を買収することが可能になる。

・企業の資金需要鈍化、日銀、4月まとめ
日銀がまとめた4月の主要銀行貸出動向アンケート調査によると、銀行側からみた企業の資金需要判断指数は9となり、3ヶ月前の前回調査に比べて5ポイント低下した。企業の手元資金に余裕があるうえ、中小企業では貸出金利の上昇が一因となった。

・企業への出資拡大、アジア開銀、昨年309億
アジア開発銀行(ADB)が企業への直接投資を大幅に増やしている。巨額の資金を必要とするインフラ整備やエネルギー関連の大型事業を手掛ける企業が対象。従来の融資に加え、出資を通じて経営に関与することで企業の信用力を高め、民間の金融機関からの借り入れや資本市場からの資金調達をしやすい環境をつくるのが狙い。出資案件、公平性など課題。

・米景気、世界経済が下支え
世界経済の順調な成長が続くなかで、米経済の調整が強まっている。1-3月期の実質国内総生産成長率が前期比1.3%に減速。ドルは対ユーロで最安値を記録した。ただ、海外需要の強さやドル安を支えに米企業業績は底堅さを保ち、企業部門発の景気後退の懸念は後退。世界経済の拡大が米景気を支える構図が鮮明になっている。

・中国、預金準備率また引き上げ
中国人民銀行は29日、民間銀行から吸い上げる資金量を示す預金準備率を0.5%引き上げ、11%にすると発表した。5月15日から実施。預金準備率の引き上げは今年に入ってから4回目。

トレイダーズ証券の外国為替取引
・春のFXキャンペーン中
・業界最低水準の手数料
・オリジナル市況配信


第2回『NetForexダービー』エントリー受付中【無料】




一目均衡表の研究(米ドル円・豪ドル円)
2007年04月29日 (日) 23:02 | 編集
週足と一目均衡表を使って、米ドル円と豪ドル円について分析してみた。まだまだ勉強不足だけど、毎日努力することが大切。予想と結果を分析して、予測できるようにかんばろう。

【米ドル円】
・一目均衡表の向き
・基準線(転換線)----逆転・下降
・遅行線--------------強気
・値幅観測論 以下の観測点で計算。

 A点 2007/1/29 122.20
 B点 2007/3/5 115.16
 C点 2007/4/16 119.87
 
 5/20 前後に以下の値段

 N計算値=C-(A-B)=112.83円
 V計算値=B-(C-B)=110.45円
 E計算値=B-(A-B)=108.12円

【基本スタンス】
・米企業の業績は好調
・サブプライム問題が重し
・雇用統計次第。遅行線がまだ上向きなのが気になる。
・本格的な下落相場はまだか。様子見。
 今週の終値より、低いかどうかで来週判断

週足(米ドル円)4月29日


【豪ドル円】
・一目均衡表
・基準線(転換線)----方向感なし。重なっている。
・遅行線--------------下向き
・系譜--------------(一陰介在七陽連)
上昇相場に出現する系譜らしいが、あまり急激な上昇を伴った場合は、下落する傾向があるらしい。
・値幅観測論----------適応なし(一本調子の上昇で適用できない。)

【基本スタンス】
・相場加熱気味。
・反発近し。
・5/2 8:30の政策金利発表まで様子見。
週足(豪ドル円)4月29日



【おすすめの取引業者】
国内FX業界取引高No.1の実績 FXCMジャパン。キャンペーン実施中
・取引手数料が無料
・信託分別管理
・優れた取引システム FX Trading Station
・24時間カスタマーサポート
・取引高2年連続1位
外国為替のFXCMジャパン

最短2日で簡単にオンライン口座開設
・口座開設キャンペーン中
・充実のオンラインセミナー
・30通貨の取引可能。今話題の自民元も。
・証拠金は総取引額の5%
・デイトレ専用口座もあるよ。
為替レート

世界基準の外国為替取引まずは仮想取引で腕試しを
・証拠金5万からお取引可能
・24時間安心サポート
・手数料無料
・携帯でお取引可能
・23通貨ペアの豊富な取引
・信託保全実施
外為
今週発表の指標
2007年04月29日 (日) 20:50 | 編集
今週発表の指標をまとめた。
これから一目均衡表を使って、相場の方法を確かめたい。

NZ
4月30日 7:45 3月住宅建設許可 前回:前月比 +5.8%
スイス
5月2日 16:30 4月PMI 前回:62予想:63
5月3日 14:45 4月消費者物価指数 前回:前月比 +0.1%予想:前月比 +0.9%
ユーロ
4月30日 17:00 3月マネーサプライ 前回:10%予想:9.80%
4月30日 18:00 4月消費者物価指数(速報値)前回:前年比 +1.9% 予想:前年比 +1.8%
4月30日 18:00 4月業況感指数 前回:1.55予想:1.6
5月2日 17:00 4月ロイター製造業PMI 前回:55.4予想:55.7
5月2日 18:00 3月失業率 前回:7.30%予想:7.20%

5月1日 17:30 4月ロイター製造業PMI 前回:54.4予想:53.9
5月1日 19:00 3月CBI小売売上高指数 前回:32予想:25
5月2日 18:30 3月消費者信用残高 前回:+9.19億ポンド予想:+9億ポンド
5月3日 17:30 4月ロイター非製造業PMI 前回:57.6予想:57.5

4月30日 21:30 2月GDP 前回:前月比 +0.1%予想:前月比 +0.2%
5月1日 レイバーデー
5月1日 21:30 3月原材料価格 前回:前月比 +2.6%予想:前月比 +1.2%
5月1日 21:30 3月原材料価格 前回:前年比 +9.1%予想:前年比 ---
5月1日 21:30 3月生産者物価指数 前回:前月比 +0.9%予想:前月比 +0.8%
5月1日 21:30 3月生産者物価指数 前回:前年比 +4.4%予想:前年比 +4.3%
5月4日 23:00 4月IVEY購買部協会景気指数 前回:67.7

5月2日 8:30 豪準備銀行理事会(政策金利発表)前回:6.25%予想:6.25%
5月4日 10:30 3月貿易収支 前回:-8.38億豪ドル 予想:-9億豪ドル

4月30日 15:00 3月小売売上高 前回:前月比 +0.9%予想:前月比 +0.8%
5月2日 16:55 4月ロイター製造業PMI 前回:56.9予想:57.3
5月2日 17:00 4月失業者数(増減) 前回:-6.5万人予想:-4万人
5月2日 17:00 4月失業率 前回:9.20%予想:9.10%
5月4日 16:55 4月ロイター非製造業PMI 前回:57.5予想:57.9

5月2日 8:55 4月マネタリーベース 前回:-19.10%

5月2日 16:50 4月ロイター製造業PMI 前回:53.8予想:54.4
5月4日 16:50 4月ロイター非製造業PMI 前回:59.2予想:59.4

4月30日 21:30 3月個人所得 前回:前月比 +0.6%予想:前月比 +0.6%
4月30日 21:30 3月個人消費支出価格指数 前回:前月比 +0.4%
4月30日 21:30 3月個人消費支出価格コア指数 前回:前月比 +0.3%予想:前月比 +0.1%
4月30日 21:30 3月個人消費支出 前回:前月比 +0.6%予想:前月比 +0.5%
4月30日 22:45 4月シカゴ購買部協会景気指数 前回:61.7予想:54
4月30日 23:00 3月建設支出 前回:前月比 +0.3%予想:前月比 +0.4%
5月1日 20:45 週間チェーンストア売上高 前回:前週比 -0.3%
5月1日 21:55 週間レッドブック大規模小売店売上高 前回:前月比 -4.2%
5月1日 23:00 4月ISM製造業景気指数 前回:50.9予想:51
5月2日 20:00 週間住宅ローン借換申請指数 前回:2081.6
5月2日 20:30 4月雇用削減計画 前回:+4.8997万人
5月2日 21:15 4月ADP全米雇用報告 前回:+10.6万人予想:+10万人
5月2日 23:00 3月製造業新規受注 前回:前月比 +1.0%予想:前月比 +2.1%
5月3日 21:30 第1四半期非農業部門労働生産性指数 前回:前期比 +1.6%予想:前期比 +1.0%
5月3日 21:30 第1四半期単位労働コスト(速報値) 前回:前期比 +6.6%予想:前期比 +4.0%
5月3日 21:30 週間新規失業保険申請件数 前回:32.1万件 予想:32.5万件
5月3日 23:00 4月ISM非製造業景気指数 前回:52.4予想:53
5月4日 21:30 4月雇用統計/失業率 前回:4.40%予想:4.50%
5月4日 21:30 4月雇用統計/平均時間給 前回:前月比 +0.3%予想:前月比 +0.3%
5月4日 21:30 4月雇用統計/非農業部門雇用者数 前回:+18万人予想:+10万人
5月4日 22:45 ガイトナー米ニューヨーク地区連銀総裁講演
5月5日 0:20 ホーニグ米カンザスシティー地区連銀総裁講演

【おすすめの取引業者です。】
ひまわり証券株式会社
・口座開設キャンペーン中
・充実のオンラインセミナー
・30通貨の取引可能。今話題の自民元も。
・証拠金は総取引額の5%
・デイトレ専用口座もあるよ。
FX

手数料無料の外国為替取引世界基準の資産運用を!
・証拠金5万からお取引可能
・24時間安心サポート
・手数料無料
・携帯でお取引可能
・23通貨ペアの豊富な取引
・信託保全実施
FX
日経新聞拾い読み
2007年04月29日 (日) 14:49 | 編集
・米企業、主要500社1-3月期、7.2%増益
米景気を下支えする要因になりそうだ。伸び鈍化も底堅く。ハイテク・製薬けん引。

・財投機関債を初の海外発行
2008年からの民営化を控えた日本政策投資銀行が、資金調達の一環として政府の保証がつかない債権「財投機関債」の海外発行を今年度検討していることがわかった。民営化を前に資金調達を多様化する必要がでており、他の政府系金融機関などの特殊法人(財投機関)が追随する可能性もある。

・ユーロ最高値更新続く
ユーロ高に弾みがついている。27日の欧米市場では対円で初めて163円台に乗せたほか、対ドルでも1.3683ドルと1999年のユーロ発足以来の再高値を更新した。背景には好調な欧州景気と金利の先高観がある。
【景気好調の要因】
・失業率の低下
・今年1月の独の付加価値税が「企業や消費にあまり響いていない」

欧州中央銀行(ECB)は、6月には政策金利を年4.0%に引き上げる公算が大きい。欧州の輸出企業からの不満もある。このまま上昇するようだと、5月中旬のG8で通貨問題が議論に浮上する可能性がある。

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
・手数料0円、証拠金は定額
・チャート、トレードシステムが充実
・両建てが可能
・米ドル円で、スプレット3銭。
・米ドル円で、25000円
FX

FXのオンライン取引を国内で最初にスタートしたトレイダーズ証券
・口座開設キャンペーン中
・PDAでも取引可能
・口座開設すると、オリジナル市況配信
・業界最低水準の手数料
・証券大手だから安心
外国為替証拠金取引
日経新聞拾い読み
2007年04月28日 (土) 18:01 | 編集
日銀展望レポート
物価、上昇率を下方修正、今年度0.1% 利上継続姿勢
日銀27日、日本経済の中期的な見通しを示す「経済・物価情勢の展望」を公表した。2007年度の消費者物価指数の前年度比上昇率を0.1%と予想。昨年10月の見通しを下方修正した。実質国内総生産は同2%程度の伸びとなり、2008年度のCPI上昇率も5%になるとして、息の長い景気拡大が続くシナリオを維持した。

米、実質成長1.3%成長 1-3が年率、4年ぶり低水準
米商務省が27日発表した1-3月期の米実質国内総生産の速報値は、前期の昨年10-12月期に比べて年率完全で、1.3%増となった。前期の2.5%を大幅に下回った。受託投資の減少が主因で、米景気の減速が一段と鮮明になった。

ユーロ、初の163円台

米銀「サブプライム」響く
1-3月 貸倒引当金、大手4行で増加。不良債権処理迫られる。

インドネシア 大型製油所を増強。
伊藤忠など協力、輸出の回復を狙う。

FXのオンライン取引を国内で最初にスタートしたトレイダーズ証券
・口座開設キャンペーン中
・PDAでも取引可能
・口座開設すると、オリジナル市況配信
・業界最低水準の手数料
外国為替証拠金取引

最短2日で簡単にオンライン口座開設

・口座開設キャンペーン中
・充実のオンラインセミナー
・30通貨の取引可能。今話題の自民元も。
・証拠金は総取引額の5%
・デイトレ専用口座もあるよ。
為替レート
豪ドル円 一目均衡表による研究
2007年04月27日 (金) 21:29 | 編集
豪ドル円を今の相場でみると、中々一目均衡表の値幅観測論に適用できない。
過去の相場を振り替えってうまく適用できるところを探してみた。

豪ドル円4月27日


A点 2007/1/23 高値 96.44円
B点 2007/2/6 安値 93.09円
C点 2007/2/23 高値 95.25円

適用して計算した場合

N計算値=C-(A-B)=92.59
V計算値=B-(C-B)=90.23
E計算値=B-(A-B)=89.73

である。実際の相場では、3/8安値 88.85円である。

どの計算値を利用しても、利益を得たことになる。

値幅観測論ってすごい。後は、時間論の研究。

また、下げ相場であるという判断をどうするか、まだまだ研究していきたい。

おすすめの取引業者です。

FX初心者でも安心のアイビック e-Forex
・取引手数料200円
・ドル円スプレット3銭
・操作性・安定性に優れた取引システム
・モバイルトレードも簡単かつ機能充実
・初めてでも安心・充実の24時間フルサポート
・積極派向け、最大レバレッジ約100倍可能
・人民元、韓国ウォンでの取引が可能
・口座開設すると、一目均衡表のレポートの取得が可能
外国為替証拠金取引

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
・手数料0円、証拠金は定額
・チャート、トレードシステムが充実
・両建てが可能
・米ドル円で、スプレット3銭。
・米ドル円で、25000円
FX




日経新聞拾い読み
2007年04月27日 (金) 08:41 | 編集
ドルの価値、最低水準
外国為替市場で急速なドル安が進んでいる。FRBによると主要通貨に対するドルの価値を示す実効為替レートは78.99と過去最低水準となった。日本と同様、米国でも欧州などへの輸出が増えており、米企業の業績や株高を支える要因になっている。
ドル円 一目均衡表での予想 パート2
2007年04月26日 (木) 21:18 | 編集
ドル円が反発して、119円に上昇した。昨日と同じ観測点を使って、上昇した場合の、N計算値、V計算値、E計算値を計算してみた。

N計算値=C+(A-B)=118.77円
V計算値=B+(C-B)=119.87円
E計算値=B+(A-B)=118.37円

同じ観測点を使ったので、4/16から14営業先に、今回の場合どの値も実現性の高い数字となった。

FX初心者でも安心のアイビック e-Forex
・取引手数料200円
・ドル円スプレット3銭
・操作性・安定性に優れた取引システム
・モバイルトレードも簡単かつ機能充実
・初めてでも安心・充実の24時間フルサポート
・積極派向け、最大レバレッジ約100倍可能
・人民元、韓国ウォンでの取引が可能
・口座開設すると、一目均衡表のレポートの取得が可能
外国為替証拠金取引

株式会社マネーパートナーズ【パートナーズFX】
・手数料0円、証拠金は定額
・チャート、トレードシステムが充実
・両建てが可能
・米ドル円で、スプレット3銭。
・米ドル円で、25000円
FX
ドル円 一目均衡表での予想
2007年04月25日 (水) 23:46 | 編集
ドル円、今日は値幅の小さな動きだ。豪ドル円は目先円高に振れると予想していたが、今日は円安に振れている。

一目均衡表の勉強がたった今終了。ドル円と豪ドル円に適用して予想しようと思ったが、ドル円に適用するだけで1時間もかかった。適用方法をシステム化して、自動的に何パターンか計算できるアルゴリズムが必要だ。今後の課題だ。まずは、何度も予想を繰り返して、相場感をつけることが大事だ。

ドル円、以下の仮説をたてて、
円高方向に、N計算値、V計算値、E計算値を適用して計算を行った。

目先を相場は、下落すると仮説し、直近の高値を
C点 4/16 119.87円

前回の下値を
B点 3/28 116.38円

その前の高値を
A点 3/12 118.37円

日足(ドル円)4/25


N計算値=C-(A-B)=117.88円
V計算値=B-(C-B)=116.38円
E計算値=B-(A-B)=114.39円

4/16から14営業先に、117.88円が一番可能性がある。5/7前後。

ちょっと無理があるかな。? 観測点の選び方に問題があるかも。

明日は豪ドル円をやってみよう。

おすすめの取引業者です。

AFT-FXダイレクトトレード
・手数料は完全無料
・USD/JPYのスプレッドがたったの3円
・低コスト 保証金率1%
・豊富な通貨ペア(19カ国64種)
・世界最高水準のFX取引システム
・二重の保全対策で安心の資金管理

FX

選ぶならFX業界取引高No.1の実績。取引手数料無料のFXCMジャパン
・取引手数料が無料
・信託分別管理
・優れた取引システム FX Trading Station
・24時間カスタマーサポート
・取引高2年連続1位

外国為替のFXCMジャパン
日経新聞拾い読み
2007年04月25日 (水) 08:41 | 編集
・外為市場、円高に備える動き
展望リポート公表控え、利上げ巡る憶測警戒
日銀が経済・物価情勢の展望リポートを27日に公表するのを控え、利上げ時期前倒しの憶測を材料にした円高進行を警戒する投資家が増えているためだ。
日米金利差に着目した円売り地合いが変わったとの見方は少ないが、円を売りにくいムードがじわりと広がっている。
豪ドル円 一目均衡表(一陽介在五陰連)
2007年04月24日 (火) 20:48 | 編集
オーストラリアは、第1四半期の消費者物価指数を発表した。市場予想は、前期比+0.6% 、前年比+3.0%に対して、前期比+0.1% 、前年比+2.4%となったことをうけて、豪ドル円は97円台まで下落した。

一目均衡表でうたっている、型譜の中で日足のローソク足が、一陽介五陰連という形によくにている。説明を読むと上げ相場からの転換の場合によく出てくる形らしい。5本の陰線に、陽線が1本ある形。目先は下落しそうである。ただ将来的には、金利差がものをいい、また上昇相場にすぐ転換するであろう。

日足4月24日


値幅観測論等を利用して、相場の底を探したいが、まだまだ勉強不足。
今の相場をうまく当てはめきれない。明日は、豪州は休日のようだし。大きく相場が動くことは考えられない。今日と明日を使ってじっくり勉強することにしよう。

おすすめの取引業者です。

AFT-FXダイレクトトレード【手数料無料の外国為替取引】
・手数料は完全無料
・USD/JPYのスプレッドがたったの3円
・低コスト 保証金率1%
・豊富な通貨ペア(19カ国64種)
・世界最高水準のFX取引システム
・二重の保全対策で安心の資金管理
FX

FX業界取引高No.1は『取引手数料無料』のFXCMジャパン
・取引手数料が無料
・信託分別管理
・優れた取引システム FX Trading Station
・24時間カスタマーサポート
・取引高2年連続1位
外国為替のFXCMジャパン




豪ドル円 
2007年04月23日 (月) 23:43 | 編集
豪ドル円、一目均衡表から流れがかわりつつあるのかなあ。
引き続き先週末からの方向感の無い展開になっている。

オーストラリア連邦統計局が発表した第1四半期の完成品の生産者物価指数は、上昇するとの市場予想に反し、前期比変わらずとなった。

5月に追加利上げを実施するかどうかは、明日発表される第1四半期の豪消費者物価指数(CPI)の内容次第か。

明日のCPIの発表を待ちたい。しかし明日は、会議の予定が午前も午後も入っている。相場をチェックする時間があるか少し心配だ。

おすすめの取引業者です。

オクトキュービック【ガイタメジェンヌ】
・手数料は完全無料
・USD/JPYのスプレッドがたったの3円
・低コスト 保証金率1%
・豊富な通貨ペア(19カ国64種)
・世界最高水準のFX取引システム
・二重の保全対策で安心の資金管理
FX初心者



日経新聞拾い読み
2007年04月23日 (月) 08:41 | 編集
・東証が種類株市場
年内にも資金調達の幅広げる
東京証券取引所は配当や株主総会での議決権などが普通株と異なる種類株の市場を年内にも創設する。企業は議決権がないかわりに配当を優先的に支払う、無議決権優先株などを発行して、資本市場から資金を調達しやすくなる。

・日銀・FRB、物価に苦慮
景気と物価がどう連動するのかがわかりにくい現状について、日米中央銀行が頭を悩ませている。日銀は物価上昇が想定より弱いことをどう説明するか苦慮。FRBは景気減速下のインフレ懸念に困惑気味だ。
豪ドル円 一目均衡表 分析
2007年04月22日 (日) 21:55 | 編集
一目均衡表、週足を使って予測。

週足(4月22日)


先週は、大きく相場が動いた。最高値が100.04円。最安値が97.44円。
2007年3月5日の週から毎日、高値を更新しながらずっと切りあがってきたのが、先週陰線となった。調整局面を迎えつつあるように思う。

24日にはいよいよ注目の豪消費者物価(1Q)が発表される。事前予想は前期比が0.6%。来月の利上げを決める上で重要な指標といわれているので注視したい。

一目均衡表を使って予測と結果を残していきたいと思うが、まだまだ勉強不測。少しずつ挑戦していきたい。

【おすすめの取引業者です】

オクトキュービック【ガイタメジェンヌ】
・2007年4月30日(月)までキャンペーン期間中。
・モバイル取引が充実。
・スワップポイントは、毎日受け取れます。


AFT-FXダイレクトトレード
・手数料は完全無料
・USD/JPYのスプレッドがたったの3円
・低コスト 保証金率1%
・豊富な通貨ペア(19カ国64種)
・世界最高水準のFX取引システム
・二重の保全対策で安心の資金管理






日経新聞拾い読み
2007年04月22日 (日) 15:03 | 編集
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング
・証券検査、分担見直し。財務監視、日証協に集約。
金融庁と証券会社の業界団体である日本証券業協会は、証券会社の検査・監督業務を見直す検討に入った。証券会社の法令順守体制や財務内容などの検査は日証協に集約し、金融庁はインサイダー取引など不正行為の摘発に注力する。

・新興国投信 広がる投資先(ベトナム、フィリピン・・・)
アジアの新興国などで運用する投資信託の設定が相次いでいる。インドや中国に続き、ベトナムやフィリピンの株式に投資する商品も次々と登場してきた。証券会社などは個人投資家の中には相場変動リスクが大きくなっても、高い運用成績を求める人もいるとみているが、販売競争は過熱気味との指摘も出ている。バブル警戒も。

・金融機関の国債販売額(財務省、順位付け)
財務省は個人向け国債の販売促進に乗り出す。国債の販売額が多い順に金融機関をランキングして、夏にもインターネットなどで公表。どこが販売に積極的か明確にし、購入希望者が金融機関を選びやすくする。

・企業のIT投資効率化で報告書
経済産業省はITを活用して企業の生産性向上を加速させるための報告書をまとめた。電機や携帯電話といった業界ごとに、非中核分野でIT投資の共通化を進めてコストを減らす一方、経営資源を競争の激しい中核分野に集中させるよう促している。

・NY株最高値続く、好業績・潤沢マネーけん引
ダウ工業株30種平均が3日連続で過去最高値を更新。日本や欧州などの他市場がもたつく中、米企業の堅調な業績に加え、低金利を背景に流動性が潤沢になり、カネ余り傾向が続いていることが米国株の独歩高を生んだ形。市場心理は今度一段と強気となりそうだが、米経済は住宅市場の減速などリスク要因も抱えており、先行きの不透明感はふしょくされていない。




日経新聞拾い読み
2007年04月21日 (土) 15:21 | 編集
・景気拡大「1年以上続く」44%に増加。消費回復、半数が認識
日本経済新聞社が20日にまとめた社長100人アンケートによると、全体の87%が国内景気の現状を「拡大している」と回答。経営者の景況感は依存として良好。

・外国人の日本株売買代金 欧州シェア5割 過去最高
欧州の投資家が日本株の売買を拡大している。東京証券取引所が20日に発表した2006年度に外国人投資家の地域別売買動向で、欧州の売買代金シェアは51.6%と前年度比3.4ポイント上昇。

・企業、年2.1%の成長予想。
息の長い景気拡大を背景に、企業が日本経済の先行きに自信を強めている。内閣府の調査によると、上場企業が1月時点で予想した2007年~9年度の日本の実質経済成功率は年度平均で2.1%となった。12ぶりの高水準で、雇用や設備投資でも攻めの姿勢を保つ。

・ユーロ圏、財政赤字縮小
欧州のユーロ導入で財政赤字の削減が進んでいる。ドイツやギリシャは財政規律を定めた安定・成長協定違反を2006年で解消し、ユーロ圏全体の財政赤字は2%程度に縮小した。

・過度の為替変動「望ましくない」
欧州中央銀行のトリシェ総裁は20日、ユーロ圏財務相会合終了後の会見で、為替変動の動向について「過度の変動や不規則な動きは望ましくない」と語った。

・NY株、一時最高値

・ロンドン上場 GMが廃止

・世界の投信残高21兆円
昨年22%増、株高基調続き最高

・ドル買いが続かず、米景気の減速懸念、ユーロ高促す
ドル買いが続かない。米景気の先行き不安から、ユーロに資金が流れている。
日経新聞拾い読み
2007年04月20日 (金) 08:45 | 編集
・日本株、回復に遅れ
日経平均295円安、決算発表が控え売買低迷
決算発表の本格化を控え売買が盛り上がらないことが背景。日々の株価材料や投機的な投資家の動きに影響を受けやすくなっている。米欧の株価は連鎖株安前の水準を回復。日経平均はこれと対象的。

・GDP推計 見直し
内閣府、精度向上
民間の業界統計データ活用などの方向。早ければ8月に発表する速報値からの導入を目指す。

・地域経済緩やかに拡大、日銀支店長会議

・中国、GDPベースで11.1%成長
景気過熱感消えず。追加引き締め検討。
豪ドル円 一段の下落
2007年04月19日 (木) 20:36 | 編集
株価の下落、自民元の切上げ、英ブレア首相のポンド高牽制等、複数要因が重なって、クロス円通貨が大きく値を下げている。おおきな円キャリートレードの解消の動きのようだ。

豪ドル円は、24日に消費者物価指数が発表される。強い数字がでると、来月利上げ期待が高まり、再び上昇局面がやってくると予測。今日は変動幅が大きく方向感がわからないので、明日もう一日様子を見たいと思う。

AFT-FXダイレクトトレード
・手数料は完全無料
・USD/JPYのスプレッドがたったの3円
・低コスト 保証金率1%
・豊富な通貨ペア(19カ国64種)
・世界最高水準のFX取引システム
・二重の保全対策で安心の資金管理

FX
日経新聞拾い読み
2007年04月19日 (木) 10:02 | 編集
・日銀、今日支店会議
物価や消費、地域差鮮明

・英ポンド26年ぶり高値
対米ドル、追加利上げ観測受け
18日のロンドン外為市場で英ポンドの対ドル相場が続伸し、一時1ポンド、2.0133ドル前後になった。インフレ懸念を背景に英の追加利上げ観測が強まっており、ヘッジファンドなどのポンド買いが先行した。

・FOMC、タカ派発言に存在
FOMCのメンバーの間で、物価の上昇を強く警戒する発言が勢いを増している。
豪ドル円 ついにきた調整局面
2007年04月18日 (水) 22:13 | 編集
豪ドル円が、20時ぐらいから下落。5分足とボリンジャーバンドでみると、2σのラインに沿ってきれいに下落してきている。
英中銀の議事録発表後の買いが一服したことで利食い売りが先行する展開となった模様。
昨日の終値が100円を維持していたら、買い注文をだそうと思っていたが、99.51円だったので、注文しなかった。

絶対的な金利差、また来月利上げ期待から、月末に向けて、再び上昇局面がやってくるはずである。底をしっかり見極めたい。

最近購入した本の中に、一目均衡表の紹介がしてあった。本当に基本的な部分しか記載がなかったが、日本人によって作られた分析手法である。エクセルで一目均衡表を自作した。購入した本は、あまりにも簡単なことしか書かれていないので、見方がわからん。

別の本を買って研究したいと思う。いい本があったら紹介して下さい。

おすすめの取引業者です。
ひまわり証券
・口座開設キャンペーン中
・充実のオンラインセミナー
・30通貨の取引可能。今話題の自民元も。
・証拠金は総取引額の5%
・デイトレ専用口座もあるよ。

為替レート





豪ドル円 100円試しに
2007年04月17日 (火) 21:56 | 編集
豪ドル円の100円突破しそう。今月後半になると、5月利上げ観測が強まることも予想される。

調整が入りそうで、なかなか入らない。このまま、5月の利上げまで上昇するのか。次のポイントをボリジャーバンドの2σの100.58円において。明日朝、100円を維持していたら、買い即注文をだそう。利幅は小さく。100円を割っていたらそのとき、考えよう。

おおすめの取引業者

ここのデイトレ口座を開設しています。

ひまわり証券
・口座開設キャンペーン中
・充実のオンラインセミナー
・30通貨の取引可能。今話題の自民元も。
・証拠金は総取引額の5%
・デイトレ専用口座もあるよ。

為替レート



日経新聞拾い読み
2007年04月17日 (火) 08:44 | 編集
・円安とどまらず
円安いが強まっている。ユーロ一時、162円に下落し、最安値を更新。欧米ヘッジファンドが円売りを膨らませいる。円キャリーが再び拡大し始めたとの観測がでている。

・日経平均大幅反発、市場なお様子見

・4月月例経済報告、生産に弱さへ変更
景気判断は維持

・日銀は、信託大会の挨拶で、物価の先行き上昇基調。足元で弱含んでいる消費について、長い目で見通すと設備や労働といった資源の稼動状況は高まっており、景気拡大が続くとみられことから、基調として上昇していくとの見解を表明。
・東南アジア、外貨準備金、最高の3500億ドル

・米小売売上高0.7%増
豪ドル円 そろそろ天井
2007年04月16日 (月) 20:32 | 編集
豪ドル円、ストキャスティクス、%DがSlow%D上から下に抜けた。他のオシレータ系の指標でも、相場の過熱を示している。そろそろ天井なのかなあ。今買い注文入れるのはかなりリスクが伴う。

5月利上げが確実と言われているので、いったん調整が入ってから、再び上昇すると予想するのが妥当かなあ。同時株安以降、トレードに慎重になり過ぎている感もあるが、今日も様子を見たい。

【おおすめFX業者です。】
FX初心者でも安心のアイビック e-Forex
・取引手数料200円
・ドル円スプレット3銭
・操作性・安定性に優れた取引システム
・モバイルトレードも簡単かつ機能充実
・初めてでも安心・充実の24時間フルサポート
・積極派向け、最大レバレッジ約100倍可能
・人民元、韓国ウォンでの取引が可能
・口座開設すると、一目均衡表のレポートの取得が可能
FX 初心者
日経新聞拾い読み
2007年04月16日 (月) 08:49 | 編集
・総合取引所創設促す
政府方針、東京市場を強化
・投信販売脱系列進む

・金融庁、貸金業情報公開促す
金融庁は貸金業者の情報公開の取り組みへの監視を強化する。

・IMF、貿易不均衡是正へ協調
世界経済、リスク警戒
中国は、徐々に、自民元の改革を進めると報告
日経新聞拾い読み G7共同声明
2007年04月15日 (日) 17:53 | 編集
・郵政、銀行システム購入
稼動実績重視、早期に業務拡大「日立」「富士通」「IBM」等応札予定

・4つのリスク G7注視
原油高、米国、中国、保護主義
為替相場の状況注視、行き過ぎた変動は好ましくない。為替はファンダメンタルを反映すべき。経常収支大国の中国の調整期待。
ヘッジファンド規制論が後退。世界経済は、過去30年以上で最も力強く拡大する一方で、国際的な不均衡など成長持続を阻むリスクにも言及。

・グーグルがネット広告大手のダブルクリックを買収

・来週の相場予測
米は、経済指標にらみ一進一退。クロス円は円安継続。ユーロについては、警戒必要。


にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング FXブログランキング

ランキングに参加しています。応援して下さい
日経新聞拾い読み
2007年04月14日 (土) 15:47 | 編集
・金融商品取引法 9月施行
損失リスクの表示義務。ファンド規制導入。
金融庁13日、金融サービス取引の基本となる金融商品取引法の政省令案を公表した。金融商品の広告やパンフレットに、利用者が支払う手数料合計や、元本に対してどのくらいリスクを被る可能性があるのかなどの表示を義務づける。

・外資、不動産投資を加速
外資系不動産ファンドやなどの日本の不動産投資が加速している。米モルガン。スタンレーは13日、全日空空輸グループが保有する13ホテルを購入することで合意した。円安が追い風となって、「海外からの日本への投資はさらに拡大するのでは?」との見方もある。

・日証協、新市場を検討
日本証券業協会は4月中にも、東京証券取引所などで上場廃止処分を受けた株式を売買する市場の新設を検討する懇談会を設ける。上場廃止になると個人投資家が換金する機会が乏しくなり、不利な価格で売却せざるを得ないケースが多いため。

・円、対ユーロで再安値を更新
一時161円

・LNG輸入、米が加速
米シェブロンが液化天然ガスの米国への輸入拡大に動きだした。米国ないでの需要拡大に向けて、受け入れ基地を米国沿岸で10箇所以上新設する。調達をめぐり、日中韓と競合する可能性がある。

・米卸売物価 1.0%上昇
3月高止まり インフレ警戒続く。

・米貿易赤字、2月も縮小
0.7%減、584億ドル

・米住宅市場軟調で、GEの増益小幅に、1-3月

・中国、在来鉄道を高速化
時速300K超の車両導入、外貨の売り込み加速

・輸出企業の円買い再開、G7会議後の円高を警戒
新年度に入って国内の輸出企業が為替予約を再開し、円の下支えになっている。G7後を機に、週明けの円相場は円高に振れる可能性がある。多くの企業が2007年度の想定レート114円台前半よりも円安の水準で、円の受け取り額を確定しておきたいと考えいるようだ。
早朝から輸出企業がかなり円買いを進めた。安値を更新すると円買いが入るようだ。119円台前半に輸出企業の円買いが入り下値が堅い。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング

ランキングに参加しています。応援して下さい。

豪ドル円 一時99円
2007年04月13日 (金) 20:39 | 編集
豪ドル円、一時99円。さすがに調整が入って今は下がっているようだが。ここまで、G7を無視するとは。円安批判は本当にないのだろうか。G7で予想通りに円安批判がなければ、来週以降もう一段の円売りが広がる可能性が高い。100円を突破するかも。G7が終わってから、仕掛けても遅くはないだろう。ただ、ストップロスを入れるのも忘れずに。


最近、ランド円の取引を考えている。高金利で、証拠金が手頃。現在取引している業者ではランド円の取引ができない。今の自己資金で、もっとも有利な取引ができる業者を調べて口座を開設しようと思う。以下のサイトで調べる予定です。

外国為替証拠金取引
日経新聞拾い読み
2007年04月13日 (金) 08:59 | 編集
ユーロ最高値、光と影
12日、ユーロが対円で160.87円となった。この1年で約20円上昇。外為市場では欧州中銀が6月にも利上げするとの読みから、低金利の円を売ってユーロを買う買う動きが広がっている。日本の投資家が外貨建て投信の購入を増やしているのも背景。今後3ヶ月で、165円までユーロ高が進む可能性があると、エコノミストが指摘している。

公募株式投信、60兆円に迫る

独政府、金融税制抜本見直し
株や預金、一律25源泉徴収
欧州中銀政策金利を据え置く
引き締め継続示唆

中国の輸出、世界2位
G7前
2007年04月12日 (木) 21:10 | 編集
G7前に、ドル円、クロス円ともに堅調に推移している。スワップを稼ぐチャンスだったのかなあ。市場はG7に興味がないようだ。

たった今、ECBに政策金利発表。据え置きだ。市場はあまり反応していない。9時30分に記者会見が予定されている。

今日も引き続きノーポジション。クロス円の天井をさがそう。その天井は少なくとも今日じゃなさそうだ。ユーロだけ要チェック。

今日は、誤って日経の夕刊が配達されていた。朝刊しかとってないのに。FOMCの3月議事録の記事があったので、紹介。

・景気判断
最近の経済指標はまだら模様で、住宅部門の調整が続いている。しかし、米経済は今後数4半期にわたって緩やかなペースで拡大するであろう。
・物価判断
エネルギーと食品を除くコア物価指数の上昇率はやや高まった。インフレ圧力は今後緩和するとみられるが、高い設備稼働率や労働需給の引き締まりがインフレ圧力を維持する可能性がある。
・金融政策
最大の懸念は物価上昇率が予想通りに低下しないリスクだ。金融政策の将来の調整は、物価と経済成長の見通しの変化に左右されるだろう。

バーナンキ議長は、円相場の水準は市場の力で決まっている。完全な変動相場制度の通貨だ。円安容認発言。人民元については、批判。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ 為替日記へ FC2 記事用 外為ランキング
Powered by . / Template by sukechan.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。